SiteMap

名刺を作成する際の注意点

名刺を出している人

会社などでまとめて名刺を作ってくれる企業もあるかと思います。ですが、もしご自身で名刺を作成する場合は何点か注意する点があるので紹介していきます。
まず、作成する名刺のサイズです。日本は55mm×91mmの長方形が一般的なサイズとなっております。必ずしもこの大きさに揃えなければいけないというわけではありません。ですが、名刺ホルダーなどはある程度大きさが決まっています。なので保管してもらうことを考えると統一することが無難だといえます。
次に作成する名刺に記載する情報ですが、あまり詰め込み過ぎない方が良いです。だからといって最低限の名前と会社名だけでもだめです。相手がいざ連絡したいとなったときに連絡先がないと連絡できません。名刺はお互いの第一印象にもつながります。
必要な情報は何か、相手に伝えたいことは何かを考えて名刺に記載する情報を考えていきましょう。作成する際、裏表に適度な余白を残しておきましょう。そうすることで、名刺全体がすっきりと印象になり読みやすくなります。文字を詰め込みすぎると、相手に不快感を与えることになります。
また色をつけると作成した名刺に魅力をもってもらうことができますが、逆に使いすぎると読みにくく不快感が残ってしまいます。色をつける際は文字が見にくくならない程度につけていきます。
以上を注意し、魅力ある名刺を作りましょう。

プライベート用の名刺作成のメリット

ビジネスシーンで名刺交換は当たり前で、自分の事を相手に知ってもらうためのツールとして大切な物です。ただビジネスシーンで使う名刺は、会社で作る所が決まっており自分で作成する事はありませんから決まった形があります。しかし、名刺を作成するのはビジネスシーンで使う名刺だけではなく、プライベート用に作る事もあります。
プライベート用の名刺を作る場合には、ビジネスシーンで使う名刺とは違い氏名や住所だけではなく自分が知ってもらいたい情報や自己PRを載せます。また、プライベート用ですから、一風変わった名刺を作成して名刺を渡す相手にインパクトを与える事が出来ます。
最近ではインターネットで調べれば名刺を作成してくれる業者が多くあり自分の気に入った名刺を作成してもらう事が出来ます。プライベート用の名刺は、普段名刺を持つ事のない主婦や学生の人も最近では作成する人も増えています。主婦や学生でも、自分の事を知ってもらう為に名刺を作成しておけば、相手に渡して自分の事を知ってもらう事が出来ます。
ビジネスツールとしてだけではなく、プライベートな時間でも名刺があれば便利で、初対面の人でも名刺を出されれば警戒する事がないので話も弾みます。名刺にはビジネス以外にも違った使い方が出来て、便利なツールです。

PCでの作成でも十分なクオリティの名刺が出来ます

建設会社で営業業務を担当している事もあり多くの顧客の方と会う機会があります。営業の基本として先ず自分の事を知って貰う事が大事ですので名前を覚えてもらう事から始まります。お話をしている内に人柄を認めて頂き、この人となら取引をしても良いと思わせる事が大きな仕事に繋がって行くのです。その為には名刺は欠かす事ができませんし、名前を覚えて頂く為の第一歩ですので心得として必ず身に付けて置かなければなりません。
最初の頃は業者にお願いをして作成して頂いていましたが、月に50枚ほどお渡しする時もありました。また会社の説明会の時期には数が200枚に膨れ上がり、500枚の名刺が一ヶ月で無くなる事もありました。その度に業者で作成して頂いていたのですが費用の方も当然嵩んでしまいます。
そこで自分で作成できればコストが削減できると思いPCで作成をしたのですが、完成度の高い名刺を作る事ができました。付属のソフトに会社名、部署名、名前を入れるだけで簡単に印刷が出来るのです。作成方法は大きく分けて2種類あり、一つはA4用紙に印刷をされたものを一枚づつ切り離すのですが少しギザギザが残る弱点があります。
もう一つは名刺をそのままプリンターの用紙トレーに入れるだけで作成できますので、業者と同じクオリティその物の出来栄えです。自分で作成する名刺は個性も出ますので、自分の顔だと思い作成してみるのも良いと思います。


名刺作成はこちらから!
名刺作成に関することはこちらにご相談ください。いろんなデザインの名刺を手掛けてくれますので、あなたにぴったりなものもきっと作成してもらえるはずです。名刺を作成したい方、必見ですのでお見逃しのないようにしてください。

名刺交換

インターネットで注文できる名刺

以前は某会社に行って、名刺の作成を注文していたものですが、今ではインターネットで注文して送ってもらうことができるのです。自由に自分の好きなようなデザインに…

MORE ▶